レイチェルワイン 下地

レイチェルワインに下地は必要?日焼け止め対策はどうなの?

お花レイチェルワインは下地不要です
線

 

レイチェルワインファンデーションは下地不要です。

 

下地不要

 

洗顔と基礎化粧をすませて少し時間を置いてから乾いた肌にぬります。
レイチェルワインのファンデーションは粒子が細かいので乾いた肌にのせるとスッーと伸びて肌に馴染みます。
気になるシミやソバカス、顔の赤みをカバーします。

 

実は私、はじめてミネラルファンデーションを使った時に下地をしてしまったのです。
そしたら下地の湿ったところにファンデが固まって伸びずにムラになってしまいました。
せっかくのブラシも水分・油分を含んでしまってガビガビになってしまったのです。

 

で、次からは乾いた肌にのせると面白いくらい伸びる。
薄付きなので何度も重ね付けするのですが白浮きせず、自然な肌色で
ほっぺたにあるシミもすごく自然な色合いでカバーしてくれました。

 

乾いた肌の方が色が均等にキレイに広がるので
レイチェルワインに下地は不要ですよー。

 

 

お花紫外線が増える季節の日焼け止めクリームは?お花
線

 

いくら下地不要と言っても紫外線量の増える季節は日焼けが気になりますよね。
気持ち的に日焼け止めクリームを塗りたくなるじゃないですか。

 

でもねレイチェルワインのファンデーションはSPF27、PA+++です。
日本化粧品工業連合会によると
散歩や買物などの日常生活はSPF20以下、
屋外の軽いスポーツ、レジャーはSPF30以下が勧められているので
日常生活のちょっとした外出の場合は日焼け止めクリームは不要です。

 

日焼け止めクリームは肌がベタベタするし、
汗をかくと白浮きしたりで苦手なんですよ。

 

で、勇気を出して真夏に日焼け止めクリームなしで
レイチェルワインファンデーションのみで外出しましたが

 

確かにイケた。肌に紫外線のダメージを受けなかったように感じました。

 

何と言いますか、普段の日焼け止めクリームをぬった時と同じような感覚。
肌は乾燥していますが、洗顔・保湿をすれば普通に落ち着きました。

 

日焼けによる肌の赤みやヒリヒリなどを感じなかったので
私は今も日焼け止めクリームを使用せずに
レイチェルワインミネラルファンデーションを使用しています。

 

 

レイチェルワイン店舗.tokyo トップ>>>